2011-05-21

トリック車をポロ仕様に

Kamomeのメンバーは元々トリック出身だからか、トリックフレームでポロをしている人が多い。
Charくんからなんかフレーム探してと言われたので、これから出る予定のものの中から使えそうなものを調べてみることに。



Volume Bikes CUTTER V6
早いものでカッターも第六世代まできました。
Thrasherの登場でだいぶ息をひそめてしまいましたが、曲げを入れ、通常のオーバーサイズヘッド、BBシェルもユーロ規格なので、むしろこの位のスペックの方がポロだと都合がよいかもしれません。


Volume Bikes Generator
Volumeの新しい試み。
シングルギアのコミューターバイクという位置づけでいいと思いますが、ディスク仕様の完成車なのでギア比を見直せばすぐに使えると思います。
ただ、フロントディスクはポロには不向きかと。見た目もかっこいい。


Milwaukee Bruiser V2
当時、強くて38cも入るということでトリックフレームの礎を築いたミルウォーキーのブルーザーの第二世代。
こちらもシートチューブに曲げが入っています。
ちなみに700c(29er)の2.5インチのタイヤが入るそうで、その為にチェーンステーを広げた故にエンド幅が135mmになったそう。
ポロ車でも乗りやすいと評判だったブルーザーですが、ハブシャフトも14mmになるとハブの調達も手間になる為、V2はポロにはややオーバースペックかな…?
更にJPのとこには26インチブルーザーも出るとか。こちらも気になります。


All City DEF WISH
先日、リリースされたAll Cityのトリックフレームです。
14mmアクスルの700c/26erのデュアルフレームですが、BBドロップが水平、もしくはアップBBでない為、せっかくの14mmシャフトでも、ダブルペグを多用した際に少々頼りない気も。
ですが、ポロ車としてはかえって都合がいいかもしれません。
ただし、14mmのリアハブと、3ピースクランクは必須です。


Unknown v2frame
ハナメガネパイセンのとこから拝借。
韓国のUnknown Bike co.のトリックフレーム。フレームサイズで700c〜26インチがあります。
ポロでも主流になった26インチホイール。こちらはBBハイトがとても高く、26インチ向けに設計されたフレームなので、地面にクランクが擦ることもないです。
ただ、BMXのような形状で、ハブシャフトよりもBB位置が高い為、重心が高くなり、ペダリングの際に挙動がブレやすくなります。
ポロでの使用になると走る要素も強くなってくる為、BBハイトも高ければいいという問題じゃなくなりそうです。


Volume Bikes Thrasher V2
先日、Blogでも紹介したJoe McKeagのテストしているThrasher V2です。
ていうか、これ盗難されましたってVolumeが発表してる。
見た目の大きな変更はなさそうですが、当然26対応になっていると思います。それで14mmアクスル。
まぁこれは情報が不確かすぎるのであまりアテにならないと思います。


この他にもW-BASEのSTYLIN'26やBB17のCharmer26等あげたらキリがありませんが、なかなか全てが合致したフレームを見つけるのは難しい。
ポロ専用フレームもありますが、まだ数が少ない現状。
今後、各メーカーもポロフレームというカテゴリーで開発していったら面白そうです。

No comments:

Post a Comment