2011-06-18

過去のフレーム達

早いもので自転車にはまって早4年も経ってしまいました。
過去の写真を見ていたら、ちゃんと今までの愛車を撮影していたのでコレを期に振り返ってみます。



一番最初に買ったschwinnのMADISON 07モデル。
ネットで買って、ホワイトのフレームだったけど、届いてソッコーでばらして塗装しました。当時、ピストを扱ってるお店など知らなかったのでクランクとか外す工具とか揃えてD.I.Yでしていました。



その次がNJSフレームのMeccanico Giro
その当時、完成車じゃヤダ!というのが自分の中でありまして競輪フレームに乗りかえました。
この頃からパーツも選び出すようになり、MASHとかみたいにバトンホイールつけて〜と思って、AEROSPOKEや、足回りはSUGINOかSHIMANOだ!とかで走り仕様にハマっていました。

この頃、通っていた自転車屋で今の仲間達と知り合いました。
当時はみんなトリックをやっていて、トリックとは無縁で一人で走りまわっていた僕は衝撃を受けたわけです。


出来ることと言えばスキッドぐらいでFigure4とかしてました。
この頃、スズキ+スキッドするやつ=スズキッドと名付けられました。



三台目。ステッカーで分かりづらいですが、BianchiのUS企画のPistaです。

この時は、みんなの影響でトリックにハマり、SHIOKAZE'09にも行ってきました。
そこで当時のトップライダーを見て、更にカルチャーショックを受け、次第に競輪フレームじゃ持たないという流れになり、タフなセッティングのものへと変わって行きました。


この頃からフェイキーとバニーホップという今時のトリックをするようになりました。


その次、KEOも乗っていたBare Knuckle(ベアナックル)

Bianchiもカスタムしていると1インチのヘッドの為、フォークの選択肢がない。
あせって買ったこいつは早かった。3ヶ月でクラックが入りました。でも軽くて溶接もキレイでいいフレームだったな。走り用で組むべきだった。今は溶接してBUILDに寄贈していますw



本当はNSのAnalogを買う予定でしたが、予想より早く壊れてしまった為、急遽FUJI CLASSICを購入しました。

これもなんだかんだで乗りやすかった。ただ、乗ってる時期が短くてあんまり覚えてない。
これはその後、Fish&ChipsのMAJやDAICHIに乗り継がれていきます。



これは余り物で組んだステッカーべたべたのBianchiを走り仕様で組んだもの。
なかなか乗る機会がなくて手放しちゃいました。。


26inch Analog
やっと待っていたNS BIKESのAnalogです。

この頃から前後26インチになり、今のトリックの土台が出来てきました。
去年のSHIOKAZE'10にも出場してかなり愛着のあるフレームです。

NS bikes analog
今はポロ車で頑張っています。


Leader Mordecai Free style
太タイヤのクリアランスを求めてLeader Mordecai

途中、700cに戻ったりもして迷走していたころ、しょっちゅうパンクをしていて、太いタイヤが履きたいという考えからLeaderに乗りかえました。
写真は700cですが、すぐに26インチに戻りました。
乗りやすかったです。


EighthInch Butcher
今乗っているEIGHTHINCH BUTCHER

これは偶然。ポロ車で仕入れたところ、「トリックにも調子良さそう…」と思って、当初買う予定だった人と交渉してMordecaiとトレードしました。
見事軽量化に成功し、とても乗りやすいです。
ただ、これになってペグを付けて激しい動きをするようになって、パイプもべこべこで曲がってます。長く持てばいいですが…



というわけで、かなり乗りかえていますね。飽きっぽいのと物欲がハンパないこと。
どうせならぶっ壊して乗せ換えとかのほうがかっこいいですけど、欲しいもんはしょうがない!
次は何のフレームにするかわくわくします。

No comments:

Post a Comment