2011-08-19

fixedMTB

マウンテンバイクのフレームを固定化して乗っている人も多いと思いますが、軽量で剛性も上がるし、サドルを下げられるのでジャンプトリックに有利だと思います。

マウンテンフレームでも110mmエンド、14mmアクスルのBMX規格のものが増えているのでペグを使ったトリックなどよりハードな技に向けて作られているのもポイントです。
個人的に選ぶ基準としては、

1:BB規格はSPANISH or MID(EUROは強度的にNG)

2:エンドはBMX規格のみ(135mmのMTB規格だとペグを使用した際に強度不足)

3:サドルの高さが調節出来る物(最低限のサドルの高さは必要。ポスト一体型は厳しい…)

その他、ヘッド規格やスピロケットのクリアランスもありますがとりあえず重要なのは上記の3点かと。

で、個人的に固定化して乗ってみたいフレームを集めてみました。


MutantbikesのEVO 2 SIX
今、個人的に気になっているブランド。シートポストの留め方はちょっと未知数ですが、かっこいいです。


PRIDE STREET MAIN FRAME26
ロシアのMTB集団ввц форсеプロデュースのPRIDE STREET
正直、これは有名ライダーのお墨付きという単純な理由です。バーやサドル等も気になるブランドです。



どちらもTUBAGRAですが、上はbrMOZU、下はkdMOZUです。
これは、24インチのフレームを探していた時に調べていたのですが、MTBエンドとBMXエンドが選べる上、更にエンド幅120mmに対応可能という所が大きいです(実は以前、オーダーを本気で考えていて120エンドに出来るかメールまでしていました)
brMOZUをシグネチャーライダーの工藤さん仕様にアップデートしたkdMOZUも出て選択肢も増えてかなり気になります。


あくまで用途は別物なので向き不向きもあるかと思いますが、フレームに悩んでいる方はこれらも選択肢に入れてみては。

No comments:

Post a Comment