2011-10-07

iPhone4S

今日は自転車には直接関係ありませんが、iPhoneとかの話。


ということで新型iPhoneの発表から突然の計報で驚きましたがスティーブ•ジョブス氏に心からお悔やみ申し上げます。



さて、iPhone4Sですが、僕は未だに3GSなのでやっと待った甲斐があるというもので早速買い替えたいと思っています。
で、今回の仕様変更で個人的に一番気になってるのがカメラ機能なんです。



1920×1080ピクセルのフルHD撮影が可能なので、動画撮影の際の2カメとして活用しようと思ってます。



ちなみに僕は"DSLR"いわゆるデジタル一眼でいつも映像を撮影しています。
これはフルHDで毎秒20コマで撮影出来ます。webに上げて見るには充分ですね。

iPhone4Sにもこれと同等の機能が秘められているというので期待しちゃいます。




ただ、カード状のiPohoneを直に握って撮影するのはあまりにも不安定なので、ステディカムとしてカスタムする必要があります。


ちなみにステディカムとは、

このようにスタビライザー(安定化装置)として底にウエイトを取り付け、ヤジロベエの要領で手ぶれを抑える機構を搭載したカメラです。(上の写真は取り回しのし易いジンバル型。他にも体に固定させたりするタイプ等いろいろあります。)


構造さえ理解すればこのように自作も出来ちゃいます。

ガジェット通信



既製品でもこんな感じでiPhoneを取り付けれる物も出てます。




更にこういったiPhone用魚眼レンズを取り付けたり、


雲台のネジに取り付けられる台座を用意すれば、


ハンドルに取り付けて、ローアングルで追い撮りしたい時とか、魚眼が映えそうなアングルで効果を発揮しますね。


アクセサリーシューを付ければLEDも取り付けられるし、なんならマイクもいけるかも。


当然、デジタル一眼でも同様に使える為、今は機材を集めているところです。



こんなのとかスケートで撮る時に良さそうですね。


これくらいになると最早、デジカメの域を越えてる感はありますが…


DIYでも安く作れるので、動画は撮りたいけどビデオカメラ持ってな〜い!という人はiPhoneにちょっと一工夫で色々出来るので挑戦してみては?



おまけ

ちなみにSLUMのこの映像もデジタル一眼で撮影しています。
Matt ReyesはCanonの60Dを使っていて、18-55mmのレンズと7mmの魚眼ですね。
編集ソフトはプレミアプロを使っているらしい。

機材では負けてないのであとは撮影と編集のセンスの差か…

No comments:

Post a Comment