2011-06-29

Sol Smith


Sol Smith(ソル スミス)

ロンドンの新進気鋭クルー、N¡Nj∆CATS(ニンジャキャッツ)のライダーのソル スミスです。
1993年6月23日生まれ。彼も18歳。若い!


NinjaCats: Sol Smith for 14 Bike Co from Ninja Cats on Vimeo.



ニンジャキャッツのメンバーは、Hector Ward、Sol Smith、Lewis Berillの3人。


Solは14BIKE、Velocity、そしてPHOENIXからサポートを受けています。



ヨーロッパも続々と上手いライダーが台頭してきていますね。

ステアーでのバースピン憧れる!エアキャッチ練習ですね。

2011-06-28

Felix Dol


Felix Dol(フェリックス ドル)

フランス パリのクルーGéométrickのメンバーであるフェリックス ドルは、PHOENIXのライダーでもあります。
その他は、SADIO BIKESからもサポートを受けています。


以前は、GORILLAに乗っていたようですが、折れちゃったみたいです。


そして現在は、Leader Bikesのインターナショナルライダーでもあります。


Oscar&Felix in London from Geometrick on Vimeo.


こちらはOscarと一緒に映っている映像です。
ロンドンとパリの交流は深いのかな?




整然とした雰囲気とグラフィックがかっこいいGeometrick

Geometrick Full Interview/Report from Geometrick on Vimeo.

2011-06-27

Oscar Beltane Tiger Khan


Oscar Khan(オスカー カーン)

おなじみロンドンの14BIKEのヤングライダーのオスカー。
スポンサーは14bike co、Velocity、Sadio Bikes、HoldFast、WRAHW、Vans、Dickies、Halo Bikes、FGLDN
年齢は1993年4月29日生まれの18歳。

最新のESBフレームに700c、Noペグというスタイルでダイナミックなエアーがかっこいい。

トボガン


ヨーロッパ圏内ではトップレベルの動き。


FIXED MAGSOFBでは表紙も飾っています。


【写真右】
去る3月に行われたWEST JAMでは2位でしたね。

o.k bike check from 888888PURPLEDRANK on Vimeo.


こちらは彼のバイクチェック。
14BikeのESBフレームですが、ロット毎に進化していて日本で市販されているものよりBB規格やタイヤクリアランス等見直されているようです。
なぜかエンドが貫通しておらずボルトを抜いてホイールを外していますね。


3年前の写真。若い!

2011-06-26

CONS CTS OX



スニーカーを買いました。
今回は、CONVERSE SKATE BOARDING、通称CONS SBのCTSです。
見た目は、ほぼコンバースのオールスターですが、足首とタンの部分が肉厚になっておりクッション性が高くなっています。

昔からローテクなスニーカーが好きで、当時、プロケッズやチャックテイラーを探し、29cmとかのオーバーサイズをデカ履きで履いていたりしていましたが、クリップとの相性が悪く、あまり履かなくなっていました。

トゥ部分が膨らんでるのでクリップとか突っ込むのであれば、気持ち小さめが調子よさそうです。
普段は26.5cmなのですが、一つ小さい26cmでぴったりでした!

2011-06-24

Bicycle Garden BUILD


僕たちKAMOMEがいつもお世話になっているBicycle Garden BUILDを紹介したいと思います。

シティサイクルを取り扱っているショップながら、MTBやROAD、FIXEDも多数取り揃えておりお客さんも様々です。
ピスト系の主要な取り扱いは東京のW-LINEさん

大阪はOKB氏率いるcycrocさんなどなど!
SHIOKAZE'11


店主のウッチーさんはとってもハンサムでやさしくて、しかも酒飲みということでよく飲みにつれていってもらっています。


当初は、僕らの自転車の整備等のサポートをしていただいていたのですが、昨年Futura LABORATORIESさんと行ったBIKE POLOのイベントDAY BY DAY以降は選手としても大活躍。
KAMOMEクルーの一員として全国の大会にチームメンバーとして参戦しています。

自分も自転車を楽しみながら、勿論いじる腕も確かです!
組み立て開始
僕も組み付けやメンテナンスでしょっちゅう入り浸っていますが、いつも無茶なお願いを聞いてもらって感謝しています。
研究熱心で、親身に相談に乗ってくれたり、僕の無茶な試みもやってみようとチャレンジする姿勢がとても素敵です。
ちなみに特に僕がおすすめするのが手組みのホイールです。
ウッチーさんの組んでくれるホイールはすごい調子良くて、作業も早くて強いです!
もう何本も組んでもらってます。(ここ一年で5〜6本は組んでもらってます)
MAVIC TN719 29er Rim

そんなBUILDをみなさまどうぞよろしくお願いします。
ママチャリからスポーツ車まで、西新にお寄りの際は是非!

BUILD Blogはこちら(なんと最近、神戸に行ってVIVALOさんと契約結んじゃってます!)
ウッチーさんのTwitterアカウントはこちら



福岡市早良区城西3-20-3

大きな地図で見る

2011-06-23

Specialized PFIX



Specializedのパーツ構成がiMiNUSD(eye-minus-dee)より出ています。


レイノルズ520のチューブを使用しています。LANGSTERと素材は一緒みたいですね。
ハンドルは標準で720mm。
ブレーキはリアのみでなんとVブレーキ。
フロントハブはBMXで見るフィメイルボルトでナット式ではなくネジを入れ込むタイプ。
シートポスト径はBMXと同じ25.4mmなので、ポストの選択肢が増えますね。
当然、スプラインスプロケットでギア比は25T×10Tです。個人的には23T×9Tがよかった。
また、ハブはFIX&FREE兼用です。このハブのみだけで是非販売してほしいです。

贅沢にポロ車でもいいんじゃないでしょうか?Vブレーキで、小径スプロケも付いてきます!

かなり楽しみです!買わないけど。。

2011-06-22

Sean Coats


Sean Coats(ショーン コーツ)

カリフォルニア、ロングビーチ出身のショーン。(Vimeoアカウントはこちら
ThunderKill所属。
スポンサーは、BB17、RYD BikesLABrakelessBURRO Bags

Bike Check and Quickie from Sean Coats on Vimeo.


以前は、GORILLAに乗っていましたが、現在はRYD BikesのConflictというフレームに乗っています。


RYD Conflict Promo from Sean Coats on Vimeo.


こちらはそのフレームのバイクチェックです。


インパクト抜群なヘアースタイルですが、何気に上手い!
西海岸勢は勢いがありますね!

【7/1追記】
現在は、UNKNOWNに移籍した模様。

Livery Design Gruppe


VolumeBikesの看板ライダーCONGOLDG(Livery Design Gruppe)のフレームに乗っているようです。
先日、グリーンのThrasherに乗りかえたばかりのようですが、移籍したのかはたまた平行してフレームをテストしているのか…

以前、こちらでも紹介したBradもUNKNOWNに乗っていますが、LDGのライダーでもあるようなのでCONGOもVolumeを辞めたわけではないのかも?

Hurleyとコラボ?




Santosも最近、フレームが公開されています。

超メカニカルなフォークがやばい。トランスフォーマーみたいw





芸術的な削りだしステムも秀逸。

かなり独自路線なプロダクトばかりですね。
他にもForest Parkerも先日、メンバー入りしています。

勢いに乗っているブランドLDG注目です。

続14mm Axle


昨日の続きで、アダプター関連の記事になりますが、こちらは、3/8シャフトにかぶせて擬似的に14mmにするというもの。こちらのタイプなら各メーカーから出ていますし、見た目もすっきりしていいですね。ペグも14mmサイズがはめられるし。

axle converterで検索!

2011-06-20

14mm Axle

14mmエンドのフレームに乗り換えたぞ!
だけど、ハブシャフトはまだ3/8なの…
という方はこちらを使ってみては?



こちら、3/8アクスルシャフトにハメると14mmの太さになるというアダプターです。

他にも、14mmエンドのフレームだけど、ペグも付けないし、
14mmのハブは重たい!という方は今までのハブにアダプターをはめるというのも手ですね。
まぁSADIOからも3/8仕様も出ているし、resistも切り込み有りと無しで出ているからあまり機会はないかもしれませんが一応。

こちらで買えます。安い!

2011-06-19

Geometry

暇つぶしに気になるフレームをイラレでトレースしていたんですが、同スケールで書いたらけっこう細かく書けたので、重ねてサイズの比較をしてみました。
こうやって見るとアングルやチェーンステーの長さやトップチューブ等それぞれ違いがあります。
フレームサイズは気にせずに写真をなぞっただけなので正確さには欠けますが、大体のサイズ感の参考になればと思います。


LEADER BIKES “Mordecai”


AFFINITY CYCLES “Cyclone”


BreakBrake17 “Charmer700c”


BreakBrake17 “Charmer26”


Unknown Bikes “V2 Frame”


Specialized “PFIX”


THE GRIME “Greatest of all time/G.O.A.T.”




ぱっと見比較。
BBハンガーとリアエンドを水平に置いた場合(フレームを普通に床に置いた状態)で比較してみると、Unknownが一番コンパクトですね。チェーンステー短めのトップ短め。ヘッドチューブが低いのは、リアエンドがBBより下がっていることになります。
やっぱMordecaiはCT長いですね。

(寸法を計ったわけではないので実物とは異なる場合があるのであしからず)

Corey “Pissy” San Agustin



Corey San Agustin(コーリー サン オーガスティン)

1991年8月20日。Matt Spencer等もサポートされているバイクショップCityGroundsのライダーのコーリー、通称“Pissy”
THUNDERKILLにも所属しているようです。

City Grounds: Welcome to the Team Corey from Matthew Spencer on Vimeo.


彼もMattやCONGO同様700cですがペダルやクランクを駆使したグラインドが上手いです。





彼のvimeoのアカウントはこちら(あまりアップしていないですが…)


これはREDBULLの時のTJと2ショット。
TTvのTシャツを着てますね。