2011-12-26

モノ作り

KAMOMEメンバーをサポートして頂いている自転車屋さんBicycle Garden BUILDのウッチーさんに頼まれていたバッグをやっと作りました。



お店の金庫を持って帰るのにそのまま入るサイズのバッグを作ってほしいとのことで、自転車通勤のウッチーさんの為にメッセンジャータイプの大振りなポーチを作りました。

生地はコーデュラナイロンの迷彩柄で、ファスナーやベルト、ステッチ糸はブラウンにしました。ベルトの調節も楽々で、バックル上部にはセルフォンケース等が取り付けられるようにしています。


ターポリンで裏地をつけてもよかったのですが、一枚でも強度がある上、なるべく軽量に仕上げたかったので一重で仕上げています。中には通帳が入れられるようポケットも配備しています。


裏っ返した状態。縫い代は全てアクリルテープでパイピングしているので見た目も良く、縫い代がほつれたりもないです。



背負ったらこんな感じ。


最近は、KAMOMEメンバーのペダルストラップとかマレットホルダーばかり作っていましたが、また気が向いたらバッグでも作ろうかなと思います。

2011-12-16

ステッカー作りました


前々からステッカーを作ってみたいな〜と思っていて、先日、よさそうな印刷屋さんを紹介してもらったので早速作ってみました。
試しに作ってみたのでそんなに数はありませんが、もし欲しいという方がいたらメッセージください。なるべく対応したいと思います。



黄色の部分は台紙なので、剥がすと絵の部分以外は透明です。一応、地の色を気にせず貼れるようにしてます。
勿論、耐光耐水のビニール製です。




それと久しぶりにバッグを作っています。
これも近々、完成したらブログアップします!

2011-12-12

PHOENIX.


先日、PHOENIX.さんでフォークを購入しました。



フォークのカラーはフレームに合わせてクロにするか迷ったけど、後で塗装するかもしれないのでシロで!(ちょうどリムもシロだし)
他にもアカも差し色としてよさそうだし、クロームメッキもお値段据え置きでかっこいいです。



トップキャップの形状も通常の平べったいのと違って凝っています。



早速装着してみました。


ちなみにこれを付ける前はVolumeのCrypt forkを使用していました。これは肩下405mmと短めで軽量なフォークなんですが、オフセットが32mmと少々大きいのでハンドリングがマイルド過ぎたのと肩も短いのでハンドルのライズがかせげなかった為、これにしています。


普通ならKILLIN'IT forkを付けるべきですが、肩下が400mmと更に短いのでやめました。
これにするならハンドルも5インチのMARCO barにした方がいいかなと思います。
(Cryptは元々使っていたCapitalに戻します)



コラムはノーカットでこの状態。フォークが長くなったのと、ステムの位置が高くなったので約2インチ程度ライズアップされてます。
今までちょっとハンドルが遠い感じがしていましたがこれで姿勢もだいぶ楽になりました。


ペグのクリアランスについても余裕です。当然付くものだと思ったりしますが、意外とはめてみたらつけられませんというフォークも多いのでこれは何気に嬉しいですね。

写真はG-SPORTのPLEGというプラスチックペグで、ペグの中でも極太の部類ですが問題なく装着できます。
パークでは金属ペグが使用禁止の所もあるのでプラペグを使う機会もあると思います。
このG-SPORTや金属ペグに装着するスリーブタイプのものは太さがあるので、その分のクリアランスが確保されているのは嬉しい配慮ですね。


バースピンのクリアランスです。
写真は半回転させた状態で、175mmのクランクを水平にさせた状態です。


靴を履いた状態でも問題ありません。まだタイヤのハイトが出ても大丈夫だと思います。


といった感じでなかなかよさそうです。

実はスペックの近いSADIOのBOOSTER forkも考えていましたが、値段、重量で比較してこちらですね。

がしがし使っていきたいと思います。

2011-12-10

自分のスタンスについて

いきなりりどうしたって感じのタイトルですが、自転車の踏み込み足の話です。



トリックをしている人は当然分かってると思うので今更ですが、みなさんそれぞれ利き足があると思います。
スケートボードやスノーボードのレギュラースタンス、グーフィースタンスのようなものですね。


最近、MTBをはじめたわけですが、自分の足が踏み込み足と回転方向が違う逆足スタンスなので非常に苦戦しています。
固定ギアだとストラップで無理矢理引き上げて回ることも可能ですが、足が離れているフリーギアだとなかなか難しいです。

一般的には、右足踏み込みの人はこんな感じだと思います。


ここではレギュラースタンスと呼びます。
(右足の人はバースピン系も矢印の方向が都合がいいと思います)


更にロールバックやポゴ180等はこの方向が自然ですね。
矢印はフォワード状態、フェイキー状態です。


グラインドに関しても180の方向を意識するとこうやって後ろ足を支点にすると思います。



左踏み込みだとこんな感じになると思います。



180の動き。


グラインド


全部正しければとフォワード、フェイキーの際にスムーズに繋がるんですが、これが自分だと、回転方向と足が逆。

イレギュラーなスタンス


足と回転方向が逆なので後ろ足で押し出すことが出来ません。


グラインドはラッキーなことに180も逆足、バースピンの回転も合ってるので大丈夫なんですが…ペダルグラインドがぎこちないのでペグでしかしません。




っと、いうように足と回転方向が重要だと日々感じます。
出来りゃ問題ないと思いますがこれがなかなか難しいです。


BMXじゃ4本ペグが主流になってきているのでどっちもグラインド、どっちも180回れるが標準なのでしょうがこれがなかなか…

これからがっつり練習するぞという人は踏み込み足と回転方向を早いうちに矯正するといいと思います。



ちなみに利き足を判断する時は背中から突然押されて咄嗟に出る足を利き足。
回転方向は、直立して360度回るようにジャンプしてと言って無意識に回った方向を利き回転方向と判断します。
僕は結果、逆足なんですけどね。

2011-12-03

UNKNOWN BOYS


ちょっと映像を作ってみました。

少年ことハユルと、最近入院していたセイタローとクソガキことババの3人。
みんなUNKNOWN v2.に乗っています。

一緒に乗る事が多いのでiPhoneで撮ってあげることが多いです。
近々、本編作ります。